FX(外国為替証拠金取引、通貨証拠金取引、外国為替保証金取引とも呼ねれています)投資する際に、通貨の売り買いのタイミングを判断する材料の一つとなるのが、ポジション比率といわれているのです。ポジション比率とは、主要通貨ペアが保有されているポジションの割合を計算したものだと言えるはずです。ロングポジション(買いポジション)とショートポジション(売りポジション)の割合や未決済のポジションの率をグラフなどで示していることが多いのです。売買比率と表現していることもあるのです。FX(外為証拠金取引のことですね)のポジション比率を知る為には、顧客のポジション比率を公開しているFX(取扱い業者に証拠金を預けて、差金決済で通貨の売買を行う投資方法です)業者のサイトをみるのがいいでしょう。例えば、OANDAは20分おきに情報が更新されています。また、外為オンラインやFX(1998年の外国為替法改正をきっかけに誕生し、ブームになりました)オンラインジャパンのサイトなら、準リアルタイムでの更新が行われいますからす。顧客のポジション比率を公開しているFX業者はあまり多くないから、複?のサイトを比べてみるのもいいでしょう。FX(外貨を保有することで金利をもらえる可能性もありますが、逆に支払う可能性もあります)業者により、長期運用向けであったり、短期運用向けであったりするので、ポジション比率もちょっとは変わってくると思います。他にも、外為どっとコムやNTTスマートトレードのサイトなどがよく参考にされていると思いますね。ポジション比率を見ると、相場の流れが分かるなんですよ。FX(1998年の外国為替法改正をきっかけに誕生し、ブームになりました)初心者(教えてもらって当然という態度を取られると、教える方もやる気をなくすものです)のうちは、ベテラン投資家(継続的に投資をしている人や法人のことをいいます。昔は、相場師なんて呼ねれ方もしてました)のブログ(有名人のブログが特に人気ですよね)などをみて、分析の仕方をまなんでくださいね。FX(外貨を保有することで金利をもらえる可能性もありますが、逆に支払う可能性もあります)上級者になれば、ポジション比率を参考にした上での逆張りをする事も多いものですー